玄関に飾るアイテムの善し悪しを把握しよう

玄関には風水的に重要な意味合いがあり、家全体の運気を左右する大切な場所として重要視されています。風水において、玄関とは家の中を出入りする全ての気の出入り口となる場所であり、ここの環境を整えない限りは家そのものの運気を向上させることは出来ないと言われています。基本的には玄関に余計な物は置かず、清潔に保っているだけでも家の中への気の出入りは円滑になるとされています。

玄関には風水的に見て、置くべきアイテムとそうでないアイテムがあるので覚えておくと便利です。たとえば玄関にカレンダーを飾っている人をよく見かけますが、これは風水的に見てNGアイテムとされています。カレンダーは日付や曜日などのスケジュールを人に掲示するものであり、生活自体がせかせかしたものになってしまうので、気の出入り口である玄関に置くのは避けた方が無難です。

また、玄関に絵画を飾っている家をよく見かけますが、風水の考え方に基づいて玄関に絵画を飾るのであれば、絵そのものを鑑賞するというよりは、窓を増やすような感覚で飾るのが風水では吉とされています。また、窓を増やすという感覚に基づくのであれば、玄関に飾るのは人物画などではなく風景画が良いでしょう。玄関に風景画を飾る場合、絵の高さは自分にとって窓があると気持ちが良いと感じる高さに設置すると風水的に良い影響を受けることが出来ます。

玄関に置くと良くない影響が出ると言われているアイテムには、「家族写真」も含まれます。家庭運や家族運を司るリビングなどに家族写真を飾るのは実に良い心がけだとは思いますが、玄関に家族写真を飾ってしまうと逆に家庭運や家族運を玄関の外へ追い返してしまうことにもなりかねないので注意が必要です。