風水を利用して玄関に飾る絵画を選ぼう

風水では、玄関という空間は家の中でもっとも重要な場所だと考えられています。そのため、玄関をどのような環境に保つのか、玄関にどのようなアイテムを置くのかによって家全体の運気が左右されると言っても過言ではありません。玄関に置くと風水的に良いとされているアイテムには幾つかありますが、その中でも特に「絵画」についてはその置き方や種類によって向上する運気も変わってくるので、正しい知識を身に付けておく必要があります。

玄関に飾る絵画や写真を考えたとき、風水的に良いとされているのは「花」をモチーフにしたものだと言われています。また、花でなくとも風景画や風景の写真を飾るのは玄関の環境を良い状態に保つ事にも繋がるので、風水的な観点から見てもオススメだと言えます。
ただ、風景画や風景写真の内容によって置くべき方位が変わってくるので、簡単に把握しておきましょう。たとえば冬や夜などの静けさを感じさせる風景画や写真は水の気を象徴するものなので、北の方角に飾ると落ち着いた平穏な雰囲気を保つことが出来ます。また、東や南東の方角に飾ることで発展運の向上をサポートするので覚えておくと便利です。
次にヒマワリや夏の風景画、写真などを玄関に飾る場合、風水的には夏を感じさせる南の方角に飾るのがベストだと言われています。夏や真昼の風景、ヒマワリなどの風景画や写真には火の気が宿っているので、南の方位に飾ることで芸術運などを刺激して、家の中がより活性化されます。

また、これとは別に春や木のように若々しく暖かみを感じる風景画や写真については、木の気が宿っているので東や南東の方角に飾ると朗報を受け取り易いと言われています。また、南の方角に飾ることでその家に住む人の魅力をアップさせると言われています。